着物クリニック



私共では着物のお手入れを専門で承っております。

洗い張り、仕立直し、しみ抜き、京洗いなどお見積り・ご相談は無料です。
 
 着物を着た後、箪笥にしまってしまう前に一度洗いに出しましょう。

汚れていないと思っていても汗など、、次回箪笥から出してみると目立った汚れになっている事もあります。
一番多い例は、汗による黄変です。
 着用後には洗いに出し、きれいに保管する事が長持ちの秘訣です

   くわしい料金はこちら

 
 お嫁にもって来て、いざ着ようと、思ったら、派手で着られないなど、よく聞きますそんな時は、色替えをおすすめします。
柄がある着物も柄を伏せて染め替えることも、可能です。

   くわしくは、加工のページをご覧下さい。

 

 お母さんの振袖を娘にいわゆる(ママ振り)、結婚が決まり、一枚でも娘にまわしたいなど、この様な要望を、当店でも、たくさん承けたまわっております。娘と身長が、まったく違うなど、裄(手の長さ)、身丈(身長)などそんな場合は、裄直し、身丈も裄も、胴裏も黄変して、などの場合は、着物をといて、仕立て直しなど新品に生まれ変わります。
大切な着物、思い出の着物など、仕立てかえ、寸法直しをして、末長くご利用が下さい。

 見積もり、相談は、無料ですので、どうぞお気軽に電話・ご来店下さいませ。
 

弊社では、仕立てのみのご依頼も承っております。

他店で購入された着物・昔の購入して仕立てていない物など何でもご用命下さいませ。

 くわしい加工料金はこちらで

きものミニ知識
絹の手入れの仕方

絹はカビやすい。生地が縮む。シワになりやすい、すれを起こしやすいなどの特徴があります。お手入れは、専門家にご相談下さい

シミがついてもあわててこすってはいけません

こすると生地に、すれができたり、汚れが折り目に入ったりします。基本的に水性のシミは水性の溶剤で、油性は油性の溶剤で落としますが、できれば、さわらずに専門家にご相談ください。

ガード加工をしておけば汚れても安心
汚してしまってからでは、大変 ガード加工をおすすめします。タンスに眠っているきもの・帯・毛皮・スーツ・ドレスなど天然素材ならすべてに効果があります。

着る前の手入れの仕方
着用前日にはシワのばしのため、きものをハンガーに掛けて
吊して置きましょう。きついシワにはアイロンがけをしますが、
1、スチームは使わない (絹は湿気に弱い)
2、アイロンでこすらない{生地にてりがでるため)
3、金箔や刺繍の上にアイロンをあてないなどに注意してください。

着た後の手入れの仕方
きものハンガーなどに掛け、風を通します。シミやファンデーションによる衿の汚れなど全体をチェツク。汗をかいた時などは特に気をつけてください

正しい保管方法を知って下さい
きものは湿気をきらい風通しを喜びます。春秋の湿気の少なく、よく晴れた日に ”かげ干し”して風を通してください。(昔から「虫干し」とよばれています。)また防虫剤ですが、絹のきものはウールほど防虫剤を必要としません。きものに直接置かず、引出しの隅に置くようにしてください。